無 題

50代コミュ障女の独り言迷い言。

不安神経症で鬱気味、
貧乏節約生活、借金返済生活、
日々の徒然とネガティブ発散、言えない事を綴る日記。

50代コミュ障女の独り言迷い言。

後悔して、鬱

世間一般的に「母の日」と呼ばれる日。

プレゼントと花を贈った (事前に郵送手配)

花が先に届いたはずなんだけど、届いたのか?大丈夫だったのかな?…と思いメッセージしてみたら、

返信は、


(届いたわよ、飾った)


だった。


それだけ。


あっそ。


花の感想、なし。

(感謝とかも、もちろんなし)


どう思ったんだろう、


何も思わなかったんだろうな。



止めればよかった、送らなきゃよかった。バカだ、私は。

妹達が、豪華に、何かしてあげてるはずなのに。

そこに私は居なくてもいい存在だ。


いつもそうだ。

あんなの、親じゃない。

とっくに分かってるのに。



家族全員が集まる時だけは絶対に来いと言う。

それは毒親の見栄。


(うちはこんなに皆集まるのよ~)


と周りに言いたいだけ。仲良い家族アピール、華やか家族アピール。


そういう時私には、隙のない身だしなみ、派手で華やかにして来るように、と言われる。

皮肉なことに、姉妹で一番目立つのが私だから。

見た目だけは。


世間体が一番の毒親、

あの年代でも周りとマウンティングしあう毒母。



愛猫をなくして悲しむ私に、

(たかが猫くらいで… もっと大変な人は沢山いるんだから…)

と怒ったように言った思いやりのない毒母。


最低だと思ってる。

思いだしても悔しくて悲しくて泣く。


花、贈らなければよかった。

今頃もう捨てられてそう…


あーあ、

バカみたいだ私は。

こんな後悔、どこかに捨ててやる。

これから眠ろうとする時に一番良くない精神状態。


はぁ…

私、もう、この世にいなくていいんじゃないか?